福岡で飲むなら!福岡お得情報サイト

福岡市は1年じゅうお祭りだらけ!博多には大きなお祭りがいっぱいです。

福岡市は1年じゅうお祭りだらけ!博多には大きなお祭りがいっぱいです。

福岡市は、大都市の割には、一年を通して大きな祭りがいくつかあります。


年明けてすぐの1月15日には、商売の神様十日戎が、市の東部にある東公園そばの恵比寿神社を拠点に開かれます。何百と立ち並ぶ露天では、福をかき集める縁起物が威勢よく売られます。本殿ではくじ引きがあり、太鼓の音と共に、威勢よく「あたりいい」の声が掛かり、福寄せや福起こしなどの縁起物が当たります。露天でも大きな熊手や団扇などの縁起物を売っています。15日頃は、芸者さんの徒参りもあります。


5月の連休には、例年、日本一の集客を誇る「博多どんたく港祭り」が2日間行なわれ、市内に数十カ所設けられた舞台では、色んな団体が踊りやダンスを披露します。また、両日とも午後は、メインストリートを歩行者天国にしてパレードが行われ、国内だけでなく東南アジアやブラジルからの参加もあって、なかなか終わりの見えない盛大なパレードになっています。


やがて、7月15日早朝の追い山をクライマックスとする博多っ子の魂の源「博多祇園山笠」が始まり、街中に水法被姿の男衆があふれます。仕事が手につかない人や、遠方から休暇をとって帰省する人など、山笠一色に染まります。


9月には、箱崎宮のお祭り「放生会」があり、600店以上の露天が軒を並べる縁日は、壮観そのものです。「梨や柿も方生会」と、博多に秋を伝えるお祭りで、必ず新生姜の露天が出店します。秋の夜長、浴衣姿で露天をまわるカップルなどで、参道は身動きもできないくらいに混み合います。


この後も博多おくんちや神楽などが、各地で行なわれ、大相撲の触れ太鼓が聞こえてくると博多の街も師走が近づいてきます。

DATE:2018/03/16時間アイコンsvg