福岡で飲むなら!福岡お得情報サイト

博多=ラーメンじゃない?実はうどんの方が歴史が古かった

博多=ラーメンじゃない?実はうどんの方が歴史が古かった

博多と言えば、即「ラーメン」「替え玉」ですが、実は、うどんの方が、食文化としては、古い歴史を重ねていて、饂飩発祥の地という石碑が建っているほどなのです。仁治2年(1241年)中国での修行を終えて帰国した聖一国師が、今まで日本になかった新しい製粉技術を伝えたのが、饂飩、蕎麦の始まりとされています。やがて、博多の地に、聖一国師は、禅宗のお寺「承天寺」を建立します。だから、その境内の一画に、くだんの「饂飩発祥の地」と刻まれた石碑が建っているのです。


博多の饂飩は、基本、やわ麺で、讃岐うどんとは、正反対に位置しています。市内には、至る処にうどん屋ののれんや提灯がさがり、お昼ともなると、どこからか人がわいてきます。


数多くの店がありますが、店名の由来が楽しいものでは、お店がちょうど角にあったので「かどのうどん」という屋号なんですが、博多あたりでは、「角をまがる~」ということばが、実際に発音されると「かろをまがる~」となってしまう博多独特の方言を生かして「かろのうどん」という老舗のうどん店があります。


また、家族連れやデート中の二人などで、常に混んでいる「牧のうどん」ここのうどんは、注文時に、軟麺・普通麺・固麺のいずれかを選ぶことができますが、驚くべき事は、食べても食べても一向に減っていかないように感じるうどんの量です。テーブルに、入れ放題の青ネギと出汁の入ったヤカンが置いてありますので、時々、出汁を足し足しで、食べないと、極太のうどん麺が出汁をすって、ますます太麺に変身していくので、なかなか食べ終わりません。市内を中心に、県外にも支店を展開していますが、糸島市加布里の本店から出汁を運んで、2時間以内の場所と決まっているそうです。味が支店でもぶれない工夫です。そして店名の由来は、製麺所のあるところが、昔、「牧」といっていたからだそうです。かくも有名な地名になろうとは、誰が想像したでしょう。

DATE:2018/04/08時間アイコンsvg